ベスという名のチェサピーク・ベイ・レトリーバー

琥珀色の瞳とウェービィな背中、陽気で頑固で甘えん坊、そんなチェシー(チェサピーク・ベイ・レトリーバー)のベスが見せるあんな顔こんな顔。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鳥猟犬

beth378.jpg

チェサピーク・ベイ・レトリーバーは
「アメリカを原産とする鳥猟犬。
現在では鴨を回収するために飼育する人は少ないが、
狩猟能力を競う競技会ではあらゆる部門で賞を獲得する犬種」
だそうである。

beth379.jpg

なので、ベスも池で泳ぐ鴨を発見したりすると
こんな風に尻尾をブンブン振りながら鴨にロックオン。
まさしく“猟犬の血が騒ぐ”と言った様子で鼻息も荒く
柵の向こうで悠々と泳ぐ鴨をいつまでも目で追い続ける。


beth380.jpg

もちろん鴨だけではなく、カラスや鳩にも反応する。
賢いカラスには、低空飛行でからかわれた苦い経験から
めったに近づかないが、おとなしい鳩には強気だ。


beth381.jpg

特に強烈に反応していたのは、1歳に満たないパピーの頃で
鳩を発見すると、まず何食わぬ顔で至近距離まで近付き
その後いきなり鳩めがけてダッシュして追い立てるという
猟犬そのものだったベス。

もちろん犬に捕まる鳩なんているわけが無いが
ノーリードで遊んでいたある日の事、低木の茂みをクンクン
していた筈のベスが、なんと、鳩を銜えて戻って来たのである。
しかも、小躍りでもせんばかりに嬉々として・・・。

それを見た飼い主2人、一気に血の気が引いた。
「鳩を狩る犬なんて飼いきれない」
「鳩を絶命させる犬なんて飼いきれない」
と、冷静な状況判断ができないまま、とにかくベスから遠ざかり
「嬉しくない」という事を態度で示すと、ベスは一旦どこかへ
消え去り、少ししてから何も銜えずに戻ってきた。

「いったい何がおきたのか?」
「銜えていた鳩はどうなったのか?」
を確認すべく、ベスを車内に待たせて現場付近に行くと、
茂みの中にうずくまる怪我をした子鳩を発見。

目撃証言によると、心無い人によって傷つけられた子鳩が
飛べなくて茂みの中に隠れていたらしい。それを発見したベスが
鳥猟犬よろしく回収して私達のもとへ運んできたという事だった。
おまけに、私達が喜ばなかったからなのか、再びもとの
茂みの辺りにそっと戻して来たという芸の細かさだ。

今でも忘れられないこの鳩事件、「ベスは鳩を傷つけていない」
という事が分かったから良かったが、そうでなければベスを手離す事も
考えたかもしれない程、私達にとっては衝撃的な出来事だった。


beth382.jpg

ちなみにベスに限らずレトリーバーは、何かを銜える時に
それを壊したり傷つける事なく優しく銜える事ができるそうだ。
また、チェサピークは猟犬だが、獲物を追ったり回収はする
ものの、絶命させて狩る習性は無いのだとか。

「狩猟能力を競う競技会ではあらゆる部門で賞を獲得する犬種」


beth383.jpg

・・・確かにそんな犬種だと思う。



  1. 2008/10/08(水) 00:14:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<脱力 | ホーム | 心の成長>>

コメント

ウチのワンズも見掛けはあんなだけど元々は猟犬としてブリードされた犬種だよ。
なので鳩、アライグマ、リス、猫とかを見ると必死に捕まえようと走り出します(つかまらないけど)。
犬の本能は変えられないからねぇ...
他の動物を傷つけない様に飼い主が気をつけるしかないんじゃないかな。
  1. 2008/10/08(水) 01:20:27 |
  2. URL |
  3. よしみ #0HZ5TDtI
  4. [ 編集]

猟犬

ベスちゃん 凄いわね
銜えて来た鳩さんを元に戻すなんて
普通では絶対出来ないわ
怪我した鳩さんを助けようとしたのかも??
とってもやさしいベスちゃんね

KINGはボールe-45一筋
鳥や猫に対する反応よりはるかに上です
ボール探しなら賞がとれるかも!!なんて親バカです
  1. 2008/10/08(水) 10:03:06 |
  2. URL |
  3. KINGママ #v/MjrUuM
  4. [ 編集]

咥えて歩くといえば、感情が高揚すると何かを口に入れて、
耳を下げ、ついでに目じりも下げて歩き回るのは今も変わらない。
公園のボールは全部回収すると張り切っていたパワフルな
レトリーブ意欲は今は昔語りになってしまった。

かつて、ハンターが打ち落とした鳥の回収、
そしてその鳥をボートで運ぶ時の見張り役が
チェサの仕事だったとか。


  1. 2008/10/09(木) 23:06:07 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

トビサラのイングリッシュも、鳥猟犬!
だから鳩とかスズメとかカラスとか、すごい追って大変だよ!
未だに捕まえたことはないけど。
ベス、すごいことしたんだね。
そりゃビビるわ!
ベスてきには、きっと誉めてくれると思ったんだろうけど。
でも まあさんに手放されなくてよかった。

トビーもサラも、ピーピー鳴るおもちゃ持ってくるとき、
そーっと咥えて鳴らさないように持ってくるからなんでだろう?って思ってた。
傷つけないようにだったんだね!
  1. 2008/10/09(木) 23:55:20 |
  2. URL |
  3. kana #-
  4. [ 編集]

RE:コメント

◇よしみちゃん
知ってる、知ってる。
被毛の美しさと愛らしい佇まいからは
想像し難いけれど、“テリア”の血だものね。
そういえばK&Zも勝気な目をしてるかも。
アライグマなんて、自分より大きいのにねぇ~。

---------------------------------------------
◇KINGママさん
そうなんですよ、戻してきたのには感心しました。

KINGくんは何をおいてもボールなんですね。
そういうものが一つあるワンは、訓練で優秀な結果を残すらしいです。
ボール探しだけでなく、競技会でも賞をとれる可能性大ですよ。
ちなみにベスは、どうもダメっぽいですぅ。

----------------------------------------------------------
◇鷹さん
ボホスくんもボール回収が得意ですか。
レトリーブ意欲を発揮してこそ、レトリーバーですよね。

ベスはボールと言えば、他のワンのボールばっかり狙っています。
しかも、そのボールをレトリーブしませ~ん。とほほ。

------------------------------------------------
◇kanaさん
トビサラも鳥猟犬だったのねぇ!

もしもトビーが鳩を咥えて戻ってきたら、引くでしょ~?!
だけど「やさしく咥える事ができる」のって、ちょっと自慢できるかも。
  1. 2008/10/11(土) 12:35:39 |
  2. URL |
  3. まあ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mychessie.blog62.fc2.com/tb.php/61-05b6b639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

まあ

Author:まあ
思考する犬・ベス(’05.6.22生)
そのベスに翻弄されまくるドロンジョでボヤッキーな飼主2人。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

エコアクション

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。