ベスという名のチェサピーク・ベイ・レトリーバー

琥珀色の瞳とウェービィな背中、陽気で頑固で甘えん坊、そんなチェシー(チェサピーク・ベイ・レトリーバー)のベスが見せるあんな顔こんな顔。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

我が家の場合

beth681.jpg
<05年9月4日>

4年前の8月25日、迎えに行った夫と私と共に
飛行機に乗って我が家にやってきたベス。

beth682.jpg
<05年10月11日>

で、(主に夫が)待ってましたとばかりにオーダー
したのがこのL.L.Beanのドッグ・ベッド。

L.L.Beanのカタログを見た事がある方ならご存知だと
思うけれど、カタログで紹介されているドッグ・ベッドは
その品質や豊富なデザインもさる事ながら、それ以上に
モデル犬達がベッドで寛ぐイメージ写真が抜群に魅力的。


beth683.jpg

思わず自分の愛犬を置き換えて想像し、自分の家に
そんな風景がある日常をイメージさせずにはおかない、
犬飼いのハートをガッチリ掴む心憎い演出になっている。
当然、ガッチリ掴まれた夫と私は即購入。


beth684.jpg

しかし、使うのはモデル犬ではなくベスである。
既に破壊王の頭角を現していたパピーのベス、
思えばその落ち着きのなさや悪ガキ面からして
モデル犬とは根本的に何かが全く違っていたわけだが、
無理やりカタログのイメージにあてはめようと、現実
を全く無視していたすっとこどっこいな飼い主ふたり。
それをあざ笑うかのように、ベッドの上で寛ぐ事よりも
攻撃&破壊を一生懸命に繰り返すベス。


beth685.jpg
<05年10月29日>

あっと言う間にボロボロになっていくベッド。


beth686.jpg
<05年11月30日>

それでもなおカタログのイメージにとらわれている私は
1週間でボロ布と化すベッドカバーを手作りで調達し続け、


beth687.jpg
<05年12月19日>

ベッド本体も何度か買い替え、


beth688.jpg
<06年6月16日>

カタログのイメージを取り繕い続けること約1年。
結局、力尽きて思い知らされたのは、
我が家の場合
「カタログの“アレ”は幻想である」
という事。

そんな思い出ばかりが頭をよぎる

beth689.jpg
<09年8月28日>

・・・ちょっと切ない4年目の夏。



---------------------------------------------
グリムス(gremz)でエコアクション!!
しおれたグリムス同様、
風邪っぴきの私もしおれてました。
gremz21.jpg
今回のグリムスキーワードは「食物連鎖」らしい。
小学生の時に習ったなぁ・・・。

スポンサーサイト
  1. 2009/08/28(金) 14:42:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ゴーヤ観察にあらず

beth675.jpg
<7月10日18時34分のゴーヤ>

百貨店の入口前に置かれたゴーヤの苗。


beth676.jpg
<8月11日18時17分のゴーヤ>

グングン育ってあっという間に張られた
ネットのいちばん上まで伸びていき、


beth677.jpg

黄色い小さな花を咲かせたあとに
小ぶりながらも実をつけた。


beth678.jpg
<8月15日18時49分のゴーヤ>

お散歩で通りかかるたびに撮ったこれらの写真は
小学生の頃の【へちまの観察】を思い出させるが、
撮影理由は【ゴーヤの観察】にあらず。


beth679.jpg

人通りの多いこの場所で記念撮影をしていると、
ゴーヤ前でポーズをとるベスを見て「お利口ね」
とか「賢いわねぇ」とか「えらいわぁ」などと、
見知らぬ犬好きな人から声がかかり、ベス・飼い
主ともにちょっと得意気になってきて、ちょっぴ
り良い気分に浸れるからなのである。

そんな些細なことで強引に気分を上げる


beth680.jpg

・・・真夏の夜のベス散歩。

  1. 2009/08/17(月) 11:33:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アートギャラリー

beth667.jpg

ベスのお散歩でほぼ毎日訪れる場所のひとつ、


beth668.jpg

市立のアートギャラリー前面に広く張り出した
ウッドデッキ。


beth669.jpg

ギャラリーの正面がガラス張りになっている
ため、このウッドデッキからも中に展示された
アート作品を鑑賞する事ができるし


beth670.jpg

ウッドデッキに置かれたテーブル席で、ギャラ
リー内のカフェに並ぶ小ぶりで洒落たケーキと
コーヒーをお供に、お茶をする事もできる。


beth671.jpg

「暮らしの中で思い描く“こういうアートと出会い
 たい”というアイデアや意欲を実現しつつ、もの
 づくりのまちの新しい表現の場として成長してい
 くことを目指し」


beth672.jpg

「人とアートが自然のひろがりの中でふれあい、
 交錯しあうよう設計」
された高尚かつ素敵な美術施設。


beth673.jpg

そんな場所で、毎朝夕に断りも無くオビディエンス
の自主練習をする体育会系全開の汗臭いベスと私。

その絵面はまさしく


beth674.jpg

シュールレアリズム。

・・・そんなアーティスティック(どこが?)なベス散歩。


-------------------------------------------
グリムス(gremz)でエコアクション!!
2本目のBethの木発芽の前夜、
土台が地球になったグリムス。
gremz20.jpg
う~ん、地球規模のエコとなると
何だか現実感無いなぁ・・・。

※ボホスのママさん、
 画像ありがとうございました!

  1. 2009/08/10(月) 20:20:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

福島:牧草地

beth658.jpg

旅行の最終日にゴンザレス家と共に立ち寄ったのは
眼下に猪苗代湖を一望できる広大な牧草地。


beth659.jpg

昨年に来た時と同様に大はしゃぎで走り回り


beth660.jpg

飼い主などそっちのけでマイ・ワールドに浸るベス。


beth661.jpg

一方、飼い主から一定の距離以上は離れず


beth662.jpg

パパとママの間を行ったり来たり


beth663.jpg

いつも飼い主を目で追い
群れの一員として行動するゴンザレス。


beth664.jpg

そんなゴンザレス家の家族の絆みたいなものが
ちょっと羨ましくもあった私。

しかし


beth665.jpg

屈託なくはじけて勝手気ままに爆走し、呼び戻せば
私の横を素通りするベスのお気楽な無邪気さもまた


beth666.jpg

家族の絆があればこそ

・・・と、無理やり締めくくる夏の思い出。


-----------------------------------------
グリムス(gremz)でエコアクション!
2本目のBethの木 発芽。

「砂漠化」の要因の割合は
自然的な要因が13%
人為的な要因が87%
gremz19.jpg
現在砂漠化しつつある土地に植林を
することにより、本来の自然環境を
取り戻すことができるらしいですよ。


  1. 2009/08/04(火) 14:10:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

プロフィール

まあ

Author:まあ
思考する犬・ベス(’05.6.22生)
そのベスに翻弄されまくるドロンジョでボヤッキーな飼主2人。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

エコアクション

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。