ベスという名のチェサピーク・ベイ・レトリーバー

琥珀色の瞳とウェービィな背中、陽気で頑固で甘えん坊、そんなチェシー(チェサピーク・ベイ・レトリーバー)のベスが見せるあんな顔こんな顔。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

心の成長

beth367.jpg

少し肌寒いくらいの曇り空だった9月最後の日曜日
夏の間はできなかった昼間のお散歩を満喫しに
車で20分程の道満グリーンパークに行って来た。

「荒川調節池・彩湖を臨むウォーターフロントに整備された
この都市公園は、豊かな自然の中に充実した施設が揃い
手軽にアウトドアライフを楽しめる広大な公園」だ。


beth368.jpg

家族連れやグループで賑わうBBQ広場を
美味しそうな匂いに鼻をヒクつかせながら通り過ぎ


beth369.jpg

道端の背の高いススキに秋を感じながら


beth370.jpg

人通りの少ない静かな湖岸をテクテクと歩き


beth371.jpg

手入れされた芝生でディスク遊びをしてお散歩終了。


beth372.jpg

一息つこうとしたその時、ベスが何かを発見・・・次の瞬間
「マテ」のコマンドも空しく、目標に向かって全力疾走。


beth373.jpg

そこには地元の顔見知り犬、柴犬の都ちゃんがいたのだった。


beth374.jpg

で、全力疾走で突進して都ちゃん一家を驚かせた上に
都ちゃんを差し置いて、都ちゃんパパに甘えまくるベス。


beth375.jpg

気にしていない風のクールな都ちゃんだが、実は時々チラ見。


beth376.jpg

そんな空気にも気付かず、いつまでもデレデレするベス。
都ちゃんはまだ2歳にならない女の子、ベスは3歳過ぎた女子。


beth377.jpg

・・・心の成長の差を感じた9月の終わり。

スポンサーサイト
  1. 2008/09/30(火) 22:34:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

トロット

beth361.jpg

すっかり秋らしくなってきたベス地方。
朝の気温も20℃前後と、気持ちの良い季節到来。
そうなると、ベスの朝散歩は自転車引きにシフトする。


beth362.jpg

通称《ベス号》

犬の自転車引きにはこのような低床式フレームタイプが
適していると聞き、それまでの愛車MTB(錆びだらけ)
を捨てて新たに購入した、いわゆる“ママチャリ”だ。


beth363.jpg

このベス号のサドル下に75㎝リードを繋ぎ
いつものお散歩コースをゆっくり走る。
ベスの歩調は軽快でリズミカルなトロットだ。


beth364.jpg

そう言えば、犬の歩き方がその速さによって違うと意識したのは
自転車引きを始めた時だったのを思い出した。
犬の歩き方はこのトロットを入れて5種類あるそうだ。
以下、参考までに。

1、並歩(なみあし・ウォーク)
  動かす順番は、左後足→左前足→右後足→右前足。
  4本の足をバラバラに動かす。

2、側対歩(そくたいほ・アンブル)
  動かし方は、左後足と左前足→右後足と右前足。
  左の前後の足2本をほぼ同時に前に出し、
  次に右の前後の足2本を同時に前に出す。

3、速歩(はやあし・トロット)
  動かし方は、左後足と右前足→右後足と左前足。
  対角線上の2本の足を同時に前に出す。

4、駈歩(かけあし・キャンター)
  動かし方は、右前足→左前足→左後足→左前足。
  1本ずつ足を地面につけて蹴るようにして走り、
  必ずどれかの足は地面についている。

5、襲歩(しゅうほ・ギャロップ)
  動かし方は駈歩と同じ。
  4本の足全部が地面からはなれている時間がある。

アンブルは特定の犬種に見られる歩き方らしいが
それ以外は確かにベスの四肢もそういう動きをしている。
改めて観察してみると、人間には無いその能力に感動する。


beth365.jpg

ところで、自転車引きを始めたそもそもの理由だが、
それは「キレ走りの破壊王だったちびっ子ハイパー犬
ベスをとにかく疲れさせてパワーダウンさせたかった」から。
その頃の我が家では、上記のような理由から
自転車引き以外にもあれこれと運動を取り入れ
家の中ではご飯と休息しか思いつかないくらい
疲れさせようという「ヘトヘトで動けません大作戦」
が展開されていたのである。
できる限りの時間を使い、お金も使い、気も遣い
運動&運動&運動の毎日。

そしていつしか


beth366.jpg

・・・飼い主だけがヘトヘトで動けなくなったのだった。

  1. 2008/09/27(土) 12:08:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

力尽きて

beth356.jpg

我が愛機VAIOノートがついに力尽きた。
数ヶ月前から起動時にエラーメッセージが出始め
DVDドライブも気まぐれに不具合おこしたり
先月からは起動ファイルが壊れる事数回・・・。


beth357.jpg

これでも数年前まではIT従事者だった私、
ウンともスンとも言わなくなるまで使い倒さねばと奮闘。
あれやこれやと不具合発生のたびにメンテナンスしながら
だましだまし使っていたが、ついに再起不能に陥った。


beth358.jpg

電源を入れると「もうダメ」と言わんばかりに
一瞬だけブルースクリーン(STOPエラー)が表示され
あとは同じメッセージを表示し続けるのみ。
これは修理に出したところで、HDD交換間違い無しだ。
となると、最新モデルを購入する方が良いに決まっている。

それでもここ数日間は未練がましくいじくり回し
ブログの更新は夫のPCを拝借している次第。


beth359.jpg

外れたキー(NとT)もそのままにしている事から
「大切に扱っていた」なんて今更言う気はないが
購入から4年、せめてあと1年は頑張って欲しかった。


beth360.jpg

・・・無念。

  1. 2008/09/24(水) 14:36:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

守谷海岸

beth350.jpg

外房の海、守谷海岸(もりやかいがん)。

白い砂浜に透明度抜群の海が美しく
『日本の渚・百選』にも選定されている海岸だ。


beth352.jpg

赤い鳥居が目を引く『渡島(わたしま)』は
海岸から170メートル沖にあり、年に数回
干潮時に砂浜とつながる自然現象を見ることができる。


beth351.jpg

真夏の賑わいが過ぎ去り、人もまばらなこの海岸で
引きが強く荒い波にも怯まず嬉々として泳ぐベス。


beth353.jpg

崩れた波に軽くのまれても、懲りずに海に入って行く。


beth354.jpg

犬種名(チェサピーク・ベイ・レトリーバー)に
ベイ(湾)がついているのは


beth355.jpg

・・・伊達じゃない。


---------------------------------
グリムス(gremz)
ブログの更新頻度に比例して成長する木。
1ヶ月でやっとコレだけ成長。
でも本当の木、例えばヒノキは50年
かかってあの大きさになるらしい。
う~ん、伐採と植林のバランスって
どうなっているのだろうか?


  1. 2008/09/17(水) 01:44:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

膀胱炎

beth344.jpg

手術の傷跡が気にならない程度になった5月の初め
今度は膀胱炎に罹ったベス。膀胱炎の特徴は頻尿で、
ベスも通常では考えられない程のおしっこ回数を記録した。


beth345.jpg

とにかくしゃがむしゃがむ。
朝夕の散歩で各9回、家の中のトイレで9回と
1日のうちにしゃがむこと計27回。
いつもは1日平均4~5回だから、実に5倍以上の計算になる。


beth346.jpg

幸い、投薬治療により数日後に頻尿は解消。
2週間後の検査の結果は“尿PH6~7 潜血(-)”の正常値。

しかし、【急性膵炎】【肉芽腫性脂肪繊炎】と心配な病気が
続いた後だった為、「もしかして腎臓に問題あり?」
などと大げさな事を考えて右往左往した飼い主、


beth347.jpg

獣医師の「特に心配はいらない」と言う言葉だけでは納得できず
「必要があるとは思えない」とまで言われた血液検査を
なかば強引に受けたのである。

もちろん結果は全く問題無し。


beth348.jpg

それでも尚、犬の病気に関する本やサイトを読み漁り
まさしく疑心暗鬼の日々、飼い主の暴走は続いた。
そして、飼い主がそんな事に気をとられている間に
完全復活し、病気前よりもパワーアップしたベス。


beth349.jpg

・・・どさくさに紛れて、わがまま度も格段にアップ。

  1. 2008/09/15(月) 16:29:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

肉芽腫性脂肪繊炎

beth338.jpg

急性膵炎が回復し、一安心していた4月の中旬頃
今度は左の腰の辺りに直径2cm程のしこりを発見。


beth339.jpg

すぐに病院につれて行き、吸引組織検査をした結果は「腫瘍」。
悪性か良性かの判断は組織を切り取りっての検査(病理組織検査)
が必要であり、先生は「おそらく良性だと思われるが、
検査をして結果を出した方が安心して頂けると思う」
と言う事で、その1週間後に切除手術をする事に。


beth340.jpg

結果は良性で、病理組織診断書は

 【診断】肉芽腫性脂肪繊炎
 【所見】組織は脂肪組織を主体としており、
     間質にはマクロファージの浸潤が目立ち、
     これに多量の膠原繊維増生を伴う
     繊維芽細胞の浸潤がみられる。

って・・・、さっぱり分からん。


beth341.jpg

とにかく良性だという事は分かったが、
その病名も所見も何の事やらさっぱり分からない。
しかし、分からないなりにもあれこれ調べた上で
「痛んだ皮膚を再生しようと免疫細胞が増殖する際に、
異常増殖してしまうことから起きた現象」と理解。


beth342.jpg

良性だと分かれば、あとは傷口が治るのを待つだけ。
ところが、むき出しになった3cm程の縫合跡を
まったく気にする様子の無いベス。
仰向けになってゴロゴロ、甘えて体をスリスリ
と、傷口が何かに触れていてもへっちゃらなのだ。
グロテスクな傷口だけで腰が引けてる私としては、
傷口が開いてしまうのではないかと気が気ではなかったが
そんな心配をよそに、傷口はあっと言う間に治ってしまったのだった。

beth343.jpg

・・・犬ってすごい。

  1. 2008/09/14(日) 00:44:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

急性膵炎

beth332.jpg

今年の3月初め、ベスは急性膵炎に罹った。

始まりは朝方の嘔吐。
しかし、それ以外はいつもと変わらず元気だったので、
その時点では「大した事は無い」と楽観的に考えていた。
まさかその24時間後に危機的状況に陥るとは
想像すら出来ない程、実際にベスは元気だったのである。


beth333.jpg

既に相当な痛みがあった筈なのに我慢していたのだと思う。
医者ですら見た目の元気さに惑わされて、
最初の診断は「投薬と絶食で様子見」だった程。
実際は、そんな悠長な事を言っている場合ではなかったのに。


beth334.jpg

急性膵炎について調べてみると、未だによく解っていない病気らしく
原因についても「高脂肪食が直接的に関連する」
「肥満で中年以降の雌犬に多い」と言う程度。
「薬物」や「アレルギー体質」も誘引材料になる事があるが
明確な原因は解明されていないらしい。


beth335.jpg

また、膵炎を治す薬というものは無く、対症療法での自然治癒
つまり勝手に治ってくれるのを待つしかないのである。

「ひどくなると死亡する場合もある」
「急激に悪化するため、一刻も早く獣医師の診察を受ける」
等、死に至る場合もある重大な病気なのに
その原因や詳しい事はまだ解明されていない、
急性膵炎とはそういう病気らしいのだ。


beth336.jpg

急性膵炎になった原因については分からないままだが
現在は回復して元気に元通りの生活をおくっているベス。

唯一元通りじゃないのは


beth337.jpg

態度の大きさ。

・・・病気の間はお大臣様扱いだったからね。

[急性膵炎]の続きを読む
  1. 2008/09/08(月) 17:20:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

通せんぼ

beth328.jpg

相変わらず階段で障害物になっている大迷惑犬ベス。


beth329.jpg

最近ではクリアする際に軽く蹴りが入ったり、
体勢を崩してヨロけた拍子に弱パンチが入ったりしているが
全く意に介さず、置物にでもなったかのように居座っている。


beth330.jpg

しかし、なぜか今日はいつもと違う構え


beth331.jpg

・・・何ですか、それ?


-----------------------------------------------


友情出演 KINGくん
king1.jpg

レトリーバー専門生活雑貨SHOP[アイアンバロン]や
雑誌[レトリーバー]に写真が掲載され、
そのモデルっぷりを遺憾なく発揮しているKINGくん。


king2.jpg

40kgを超える立派な体格と甘いマスク。


LIVE・LOVE・KINGくん
king5.jpg

「いつかお目にかかりたい」と想いは募るばかり。

  1. 2008/09/05(金) 01:29:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

プロフィール

まあ

Author:まあ
思考する犬・ベス(’05.6.22生)
そのベスに翻弄されまくるドロンジョでボヤッキーな飼主2人。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

エコアクション

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。