ベスという名のチェサピーク・ベイ・レトリーバー

琥珀色の瞳とウェービィな背中、陽気で頑固で甘えん坊、そんなチェシー(チェサピーク・ベイ・レトリーバー)のベスが見せるあんな顔こんな顔。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

よっこらしょ

beth30.jpg

「よっこら・・・


beth31.jpg

しょ、っと・・・


beth32.jpg

・・・ふぅ」


beth33.jpg

本当にこんな感じ。動作緩慢。
猟犬のイメージ、一気にぶち壊しだ。


スポンサーサイト
  1. 2008/03/31(月) 09:03:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ジョエルとマーヤ

beth24.jpg

左から、父のジョエル・母のマーヤ・他人(他犬?)の吉宗。
吉宗はさておき、ジョエルは見た瞬間に「質の良い立派な犬」
と誰もが感じるような素晴らしい犬だ。
マーヤもまた代々チャンピオン犬の血統で、
容姿・性格とも申し分のない素晴らしい犬だ。


beth25.jpg

そしてその出来の良い両親から産まれたベス。


beth26.jpg

これらは我が家にきた生後2ヶ月半の頃。


beth27.jpg

まだまだ可愛いばかりだったけれど、
既に私の頭の中ではジョエルとマーヤを足して2で割ったような、
良いとこどりの成犬ベスが出来上がっていた。


beth28.jpg

従順で、逞しくて美しく、誇り高い犬。
そしてそのイメージを具現化すべく始めた訓練は今も続いている。


beth29.jpg

6月22日には、めでたく3歳を迎えるベス。
何て言うか、未だ良いとこどりは発揮されていない。

・・・これから、これから。

  1. 2008/03/30(日) 01:07:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

桜ルート

beth19.jpg

この季節になると、ベスの散歩はできる限り桜の木がある場所を通って行く。
公園・寺社・マンション前広場・個人宅の庭・・・と、お散歩1年生の頃から
チェックを重ねて開拓した私の”桜ルート”だ。


beth20.jpg

種類によっては3月上旬から咲く桜もあり、つぼみから開花
そして散るまで、約1ヶ月は桜を楽しみながらの散歩となる。


beth21.jpg

その中でも、つい立ち止まって見上げてしまう程の美しさなのが
染井吉野だ。今日の桜ルートは、その染井吉野がほぼ満開。
特に、染井吉野が連なる公園では、上を見上げると桜の隙間から
空をのぞいているような感じだ。


beth22.jpg

で、そんな桜ルートの優雅なお散歩を感じてもらおうと
撮りまくりました、「ベスと桜」。

それなのに・・・あぁ、どれもこれも・・・
(写真って難しい)


beth23.jpg

そんなわけで、これで感じて頂ければ幸い。



  1. 2008/03/28(金) 19:58:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

作品

beth14.jpg

時々、なにやら真剣におもちゃを齧っている事がある。
うっとりするような眼差しで、そして全神経を集中させて。


beth15.jpg

例えるならば”神が降りてきた”くらいの神々しさなので、
気安く声など掛けられない。

beth16.jpg

これはいわゆる”おもちゃ破壊活動”ではなく、
創作活動なのだと思う。

beth17.jpg

作品完成。

beth18.jpg


よだれ具合も神々しい。


  1. 2008/03/26(水) 21:31:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

憧れの場所

beth10.jpg

今でこそ家中どこでも自由のベスだけれど、1歳になる
まではケージ暮らしで行動範囲を厳しく制限していた。
”生粋の米育ちの猟犬”という出自から、あれやこれやと
すっとこどっこいな妄想を抱いていた事もあり、
当時は軍隊なみの規律を強いていたと言ってもいい。


beth11.jpg

ベスがいつも寛いでいるこのソファも、もちろん「ダメ」。
いつも私たちが食べたり飲んだり・テレビやDVDを観たり
・昼寝したりしてダラダラしているこの場所は、
ベスにとっては”手の届かない憧れの場所”だったのだ。

beth12.jpg

だから、ソファ解禁になっても「いいよ」と言うまでは足元で待つ。
人間がそこに座ろうとすれば、邪魔にならない所に移動する。
それはそれは謙虚な態度である。健気ですらある。


beth13.jpg

そんな優等生的態度も徐々にグダグダとなり、
今ではすっかり我が物顔。



  1. 2008/03/25(火) 14:48:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

知名度

beth6.jpg

「犬種は何ですか?」と聞かれる事が多い。
「チェサピーク・ベイ・レトリーバーです。」と答えると、
大抵の場合「チェ・・・」しか覚えてもらえない。
もしくは言い終わる前に「ああ、そうなの」と、
全く覚える気無しの横文字拒絶反応が返ってくる。

beth7.jpg

「チョコラブ?」とか「ワイマラナー?」と聞かれる事も多い。
ちびっ子からは「お馬さん」、工事現場のおっさんには「野犬?」。
・・・野犬って。

beth8.jpg

なるほど全く日本に浸透していないこの犬種。
しかし驚くなかれ(いや、ちょっと驚いてほしい)、
なんと、日本の介助犬1号(1992年)の「ブルース」は
アメリカで訓練されたチェサピークだったのですよ。
「ありがとう!介助犬ブルース」(ハート出版)という本も出版されているのです。
そんな輝かしい日本デビューを果たした犬種なのに、知名度が上がらなかったのは何故?
他のレトリーバーの皆さんに介助犬のその座を奪われたのは何故?

beth9.jpg

たぶん、この長ったらしい犬種名のせい。そう、決して性格とかじゃなくて・・・。
  1. 2008/03/23(日) 15:27:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

はじめまして、こんにちは

beth1.jpg

琥珀色の瞳に


beth2.jpg

巻き毛の背中


beth3.jpg

陽気で


beth4.jpg

頑固で


beth5.jpg

甘えん坊

どうぞ、よろしく。
  1. 2008/03/22(土) 11:40:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

まあ

Author:まあ
思考する犬・ベス(’05.6.22生)
そのベスに翻弄されまくるドロンジョでボヤッキーな飼主2人。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

エコアクション

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。